誰にも頼まれていないのにやってしまうこと:「マイプロジェクトガール」始めます。

最近、よく耳にすることばがあります。

「誰にも頼まれていないのにやってしまうこと」

昨日話した人たちの中でも、誰かの誕生日をサプライズでお祝いしたとか、職場の仲間におもしろい情報をシェアしているとか、おいしいお店を教えてあげるとか、いろいろ出てきました。皆さんも、何かありますか?誰に頼まれたわけじゃないのについつい…

 

ところで、最近、この「誰にも頼まれていないのにやってしまうこと」が話題に上るのは、「仕事」という文脈です。

今、「東京企画構想学舎」の、「企画12社セミナー」というプログラムに参加しています。
これは、様々な分野でとんがった(?)企画を生み出している12の企業、チームの人たちをゲストに、チームや組織のあり方、そこでの仕事の進め方など、「企画」が生まれ、世に出ていくまでのプロセスやその環境についてのお話を聞けるというものです。

東京企画構想学舎 企画12社セミナー

 

facebookでも書いたのですが、昨日はグリーンズの鈴木さん、兼松さん、小野さんがゲストでした。
その中で、「自分が気になっている社会の課題」と「頼まれたわけでもないのにやってしまう得意なこと好きなこと」を掛け合わせて、「グッドアイディア」を生み出そう!というおもしろいグループワークがありました。
そのアイディアのネーミングも短い時間の中で考えます。
このワークの前に兼松さんが、「足りないものだけを見てどうにかしようと考えるよりも、自分がたくさん持っていて溢れた部分で何かやってみる、というのがいいんじゃないか」というようなことをおっしゃっていたのですが、その考え方が、このワークのデザインの背景にもあるような気がします。

この企画12社セミナーの一つ前の回のゲストは、soup stockやpass the batonなどの事業を展開するスマイルズの遠山さんだったのですが、その時にも、スマイルズの企業のあり方を示したメッセージの中に、「誰にも頼まれていない仕事を最近やりましたか?」ということばがありました。

 

他の誰でもない自分が関心を持って、解決したい何かがあり、他の誰でもない自分のアイディアで、自分が動く。
だからその課題は「自分の」課題だし、そのアイディアや行動には愛情がある。

こういう考えに共感を覚える人も多いのではないでしょうか。

 

私が今始めようと準備を進めていることも、「誰にも頼まれていないこと」です。
その名も、「マイプロジェクトガール」

私の周りには、そんな風に誰にも頼まれていないけれどやりたいこと、「マイプロジェクト」を実現している女子たちがたくさんいます。私はこれから、「マイプロジェクト」を持つそんなアクティブな女子たちを応援し、紹介していくプロジェクトを始めたいと考えています。

「マイプロジェクトガール」たちが、どんな思いでそのプロジェクトを思い立ち、どんな風にそれを実現していったのかということや、どんな人の協力を得て進めているのか、それに、これからやっていきたいことなどなど、色々リアルな話を聞いて、それを紹介する記事を書いていきたいと思っています。

それによって「マイプロジェクトガール」たちを応援し、そして、これから何かやってみたいという人たち(もちろんガールズ以外も)の背中をちょっとだけ押すことができればと考えています。

 

 

ところで、実はこのプロジェクト、まだ、ロゴもウェブサイトもありません!

出来上がるまではは、「マイプロジェクトガール」facebookページという形で、「準備室」的に、みなさまに情報を発信していきたいと思っています。これから、ロゴなどを作っていくプロセスや、インタビューをさせてもらい記事にしていくプロセスなど、みなさんと共有できたらと思います。

この人の話を聞いたらきっとおもしろいよ!とか、そんな声も、皆さんからいただけたら嬉しいなと思っています。

マイプロジェクトガールfacebookページ

 

 

 



コメントは停止中です。